確実に蜂退治をしたいなら行政機関よりも専門家に依頼しよう。

アシナガバチ駆除をする方法

テラスが自宅にあると、景色を眺めながら食事を楽しみくつろぐことができますよね。そんな憩いの場の近くに蜂の巣ができてしまったら一大事です。刺されてしまう前に蜂を退治しましょう。アシナガバチ駆除を例にその方法を見ていきたいと思います。 "

まずは防護服でしっかりと身を守る

アシナガバチ駆除を自分で行なう際は、巣が小さい段階で行なうようにしましょう。いくつか気を付けておくべきポイントはありますが、中でも駆除を行なう時の服装は重要です。アシナガバチは大人しい蜂ですが、毒を持っているため肌の露出を最小限にする必要があります。防護服などでしっかりと身の安全を守りましょう。

殺虫剤で攻撃する

アシナガバチ駆除には殺虫剤が必須です。これでアシナガバチの動きを鈍くすることができます。殺虫剤は、アシナガバチの巣から1〜2m離れた風上から30秒間噴霧します。この時、殺虫剤を真下から吹きかけてしまうと巣の中のアシナガバチが落ちてくるので、必ず少し離れた場所から吹きかけるようにしてください。

針に気をつけながら片付ける

殺虫剤を吹きかけた後は、少し時間をおきましょう。翌朝蜂の巣を棒などで落とし、死んだアシナガバチと一緒にゴミ袋に入れます。この時に、死んだアシナガバチには絶対に触らないように注意してください。仮に体がちぎれて腹部と針だけの状態になっていたとしても、腹部に触れると反射で毒針が動くので刺されてしまうおそれがあります。

蜂退治が依頼できる場所

上記のように大人しいアシナガバチなら自分で駆除することもできますが、防護服の準備など色々と面倒ですし刺される危険もあります。安全確実に蜂を退治するなら、やはり業者に駆除を依頼するのがいちばんです。

TOPボタン